詳細はこちら>>クリック

女性が糖尿病にかかると、家族にも負担が大きくなります。

妊産婦糖尿病は、生まれてくる子供に胎児の段階から悪影響を及ぼします。

閉経後糖尿病が起きると、高血圧やボケ、骨粗鬆症で寝たきりなど

家族ともども、悲惨な老後を送る事になってしまいますよ。

そうならない為にも

最新の栄養学に基づいた方法で糖尿病が改善できる。

女性のための14日間集中!糖尿病・通信講座の体験記をご覧になって

ご購入の参考にしてください。

女性のための14日間集中!糖尿病・通信講座の体験記

血糖値が下がり、孫のお守りが出来る幸せを感謝しています

70代女性


糖尿病は、20年くらいになりますが、あまり気にしていませんでした。

「おいしい物を食べるのが生きがい」の私でした。

しかし、娘が妊娠糖尿病と診断されて、遺伝かと思うと娘に申し訳ないと思いました。

娘が「女性のための14日間集中!糖尿病・通信講座」を始めたので

私も一緒の食事をすることにしました。

でも、「カロリー計算をしないで、血糖値が下がるはずはない」

私はそう思っていました。

ところが、次の日の朝、血糖値が110mgに下がっていました。

それからは、娘と一緒に「女性のための14日間集中!糖尿病・通信講座」の

勉強をしました。

娘と毎日、血糖値を測るのが楽しみになりました。

たまに、血糖値が上がっていると「なぜだろう」と反省することも楽しくなりました。

その後、ヘモグロビンA1cも9.6%、7.6%、5.9%と順調に下がりました。

そして、娘も無事に元気な男の子を生みました。

孫が、成人するまで私も元気でいたいと思います。

孫には糖尿病の体質を遺伝させてはいけないと思って、

娘の離乳食作りを毎日手伝っています。

「女性のための14日間集中!糖尿病・通信講座」に出会えたことを、

娘と一緒に感謝しています。

    

いかがですか?

女性の健康が、ご家族みんなの健康のベースなのです。

気になりましたら、詳細はこちらよりご確認ください。

詳細はこちら>>クリック

サイト紹介文

このページは、最新の栄養学に基づいた方法で糖尿病が改善できる。女性のための14日間集中!糖尿病・通信講座の体験記をこっそり公開しています。

  • SEOブログパーツ